小さな大腸ポリープの発見も可能

イメージ

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)は肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です。
他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化を捉えることができるため、小さなポリープの発見も可能です(ケースにより、大腸ポリープの切除も行えます)。
また、疑わしい部位が見つかった場合は、生検(ごく小さい組織片を摘まみ出し、顕微鏡などで詳しく調べること)のための採取をすることができます。
40歳以上の方には、一度は大腸カメラ検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

※当院の大腸カメラ検査は火曜日の午後(15:00~18:00)に予約制で行っております。
事前のご予約をお願いいたします。

大腸カメラを受ける際の注意点

検査前日

  • 検査食をお召し頂きますが、検査食をお召し頂かない場合は、ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴやキウイなど種子の多い食品は、検査1日前から控えるようにしてください。
  • 夕食は午後8時頃までに、消化の良いものを軽めに摂り、早めに就寝しましょう。

検査当日

  • 検査が終わるまで、飲食・服薬は禁止です。
  • タバコは吸わないでください。
  • 自動車やバイク、自転車などを自分で運転してのご来院は控えてください。

大腸カメラ検査の流れ

予約

大腸カメラ検査の予約を入れていただきます。

検査前

大腸をきれいにするために、下剤2リットルほどを数回に分けて飲んでいただきます。
※前日から下剤を飲む場合もあります。

検査

1.ご希望の方には鎮静剤を投与(注射)します。
   ↓
2.左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
   ↓
3.肛門から内視鏡を挿入していきます。
   ↓
4.医師がモニターに映る大腸の内部を隅々まで観察します。
   ↓
5.検査は数十分で終了します。

検査後

  • 通常、飲食は1時間後から可能です。
  • 検査当日のお風呂はシャワー程度にし、車の運転や強度の運動は避けてください。
  • 検査終了後、気になる症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。

こんな症状に大腸カメラ検査をお勧めします

  • 血便
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重の減少
  • 便潜血反応で陽性と出た
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

このような疾患の検査・診断に大腸カメラは有効です

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
  • 虚血性腸炎(大腸の血流障害によって大腸粘膜に炎症や潰瘍が生じ、突然の腹痛や下痢、下血をきたす疾患) など
診療のご案内