ウイルス肝炎などの肝疾患を診療

イメージ

肝臓は“沈黙の臓器”と言われるように、問題が生じていても自覚症状の現れないことが多くて見過ごされやすいため、適宜検査をし、何らかの肝疾患が発見されたら、適切な治療を受けることが大切です。
当院の肝臓内科では、B型肝炎やC型肝炎などのウイルス肝炎をはじめ、脂肪肝などの不適切な生活習慣からくる肝疾患を主な対象に診療を行っております。

肝炎ウイルス検査を受けたほうがよい方

肝機能検査では異常が無い場合でも、肝炎ウイルスに感染していることがありますので、一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けることをお勧めします。特に、以下の項目に当てはまる方は、ぜひ検査をお受けください。

  • これまでB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査を受けたことが無い方
  • ご自身のB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査の結果をご存じでない方
  • ご家族にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染している方、肝がんの患者さんがいらっしゃる方
  • 健康診断の血液検査で肝機能(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTなど)の異常を指摘されたものの、まだ医療機関を受診されていない方
  • 母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方
  • 輸血や大きな手術を受けた方
  • 入れ墨、医療機関以外でのピアス穴開けをしたことのある方

肝臓内科で診療する主な疾患と症状

A型肝炎

A型肝炎ウイルスにより引き起こされる疾患です。約1ヶ月の潜伏期間を経て発症し、発熱や倦怠感、黄疸が現れます。多くは数週間の入院で治癒し、後遺症も残りません。症状は気づかないほど軽いケースもありますが、“劇症肝炎”と言って、命にかかわる病態になることもあります。日本人の多くが免疫を持っていませんので、東南アジアなどの流行地に渡航する際にはA型肝炎ワクチンの接種を受けるよう、お勧めします。

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することにより発症する疾患です。感染経路としては、母子感染や後天性の性的接触・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故などがあり、B型肝炎は感染した時期や健康状態によって、「一過性感染」で終わる場合と6ヶ月以上にわたって感染が持続する「持続感染」とに分けられます。持続感染している方が発病すると、B型慢性肝炎になります。

C型肝炎

C型肝炎は、感染している人の血液や体液を介してC型肝炎ウイルスに感染することによって発症する肝疾患です。感染すると70~80%の方が持続感染し、慢性肝炎から肝硬変、さらには肝がんへと進行する要因となります。C型慢性肝炎の治療は、従来は注射薬のインターフェロンが必須でしたが、その後、優秀な新薬が開発されたおかげでC型肝炎の治療は今や、経口薬による方法が主流となっています。

脂肪肝

肝臓に脂肪が過剰に蓄積した状態で、自覚症状はほとんどありません。健康診断の肝機能検査や超音波検査で指摘されて気づくことが多いものです。主な原因としては、常習飲酒、肥満・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)、薬剤摂取などが挙げられます。脂肪肝が慢性化すると肝硬変、さらには肝がんにも進展する可能性がありますので、適度な運動や適切な食生活、節酒などを心がけ、脂肪肝を改善することが大切です。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

お酒を飲まない人が脂肪肝炎になり、肝硬変、肝がんへと進行するケースがあります。これは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と呼ばれ、自覚症状もほとんどありません。主な原因は、肥満・糖尿病・脂質異常症、薬剤摂取などと言われます。治療には生活改善が大切で、低エネルギーで栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動を取り入れます。それでも肝機能異常が治らない場合は、薬物療法が行われたりします。

診療のご案内