花粉症とその症状

イメージ

花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こす疾患です。
花粉症の症状は、立て続けに何回も出るくしゃみ、透明でサラサラした鼻水、両側の鼻づまり、目の痒みなどが代表的です。微熱は出ても、高熱にはならないのが特徴です。

花粉症の初期療法

本来、病気の治療は症状が出てから行うのが原則です。しかし、花粉症の場合には症状が出る前からの治療が認められています。花粉症が飛び始める少し前(2週間くらい前)から、薬による花粉症の「初期療法」を始めておくと、症状の発症を遅らせ、花粉シーズン中の症状を和らげる効果が期待できます。

花粉症の治療

花粉症治療のベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の内服薬で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切です。症状が軽かったりしても、自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。また、鼻づまり症状が強い人には、内服薬に加えて局所ステロイドの点鼻薬を併用します。ステロイドとは言っても、内服薬と違ってごく少量なため、副作用の心配がありません。目の痒み・異物感などの症状には、抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬を用います。
とにかく症状が出たら早めに受診し、症状に合った治療を始めることが大切です。

生活上のセルフケア

外出時の注意点

  • メガネやマスク、スカーフなどをうまく活用し、花粉の侵入を防ぎましょう。
  • 花粉が付着しやすいので、ウールなどの衣類は身に着けないようにしましょう。
  • 晴れた日や風の強い日は花粉が飛びやすいので、できるだけ外出を控えましょう。

帰宅時の注意点

  • 玄関に入る前に、衣類についた花粉を払い落としましょう。
  • 手洗いや洗顔、うがいを行い、花粉を洗い流しましょう。

室内での注意点

  • 外干しの洗濯物は、花粉を払い落としてから部屋に取り込みましょう。
  • 花粉飛散量の多い日は、窓やドアを閉め、花粉の侵入を防ぎましょう。
  • 部屋の掃除をまめに行うようにしましょう(できれば毎日)。

日頃の体調管理

  • 睡眠を十分にとって、体調を整えるようにしましょう。
  • ストレスを上手に発散し、溜め込まないようにしましょう。
  • 喫煙や過ぎた飲酒などは控えましょう。
診療のご案内