超音波検査とは

超音波を調べたい臓器に当て、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、臓器の様子を見る検査です。

※当院には、超音波検査のエキスパートがおり、多種多様な疾患の検査を行います。

主な超音波検査

心エコー

心臓の大きさや動き、弁の状態などを観察して診断を行います。心筋梗塞や心肥大、心臓弁膜症などの疾患を確認することができます。

腹部エコー

お腹にゼリーを塗り、お腹を膨らませたり、息を止めたりしてもらいながら検査を行います。胆石などの結石、腹部臓器の腫瘤など、腹部の様々な病変が発見できます。

頸動脈エコー

頸動脈の動脈硬化の進行度を調べることにより、心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離など、命にかかわる病気の発症リスクを推測することができます。

甲状腺エコー

まず甲状腺が大きくなったり、形がいびつになったりしていないかを調べます。次にしこりの有無を確認して、しこりがあった場合は、その位置と形状、内部の状態などを検査します。甲状腺機能亢進症、バセドウ病、甲状腺機能低下症、橋本病、甲状腺炎、甲状腺腫、甲状腺がんなどの有無を確認することができます。

乳腺エコー

診察台の上に仰向けになり、乳房に超音波をあてて、乳房内部からの反射波(エコー)を画像化し、乳腺の状態を調べる検査です。のう胞、良性腫瘍、乳がんなどの診断に有効です。

診療のご案内